トリキュラー28 アフターピルを適切に使用しよう。

tpi

トリキュラー28というアフターピルは卵胞ホルモンに合成黄体ホルモンを配合したものとなっており、両ホルモンの併用と協調作用によって下垂体からの卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を抑制します。
抑制作用によって避妊効果を発揮します。

臨床試験では、アフターピルトリキュラー28は100%避妊に成功と言われています。
一方一般使用での失敗率は5%程となっています。適切な薬の使用で確実に効果を挙げられることが保証されている商品です。

使用方法は、性行為後72時間以内に初回分を服用しなければなりません。
できるだけ早く服用し、12時間後にさらに服用します。
アフターピルは時間も正確に決まっていますので、時間の誤差は1時間前後以内にしてください。

アフターピルは必ずしも食事後に服用しなければならないわけではありません。

副作用について悪心、頭痛、不正出血、下腹部の腹痛、下痢などの症状があります。
重篤な副作用も稀に起こるので、使用については処方していただいた医師の指導を受けましょう。重篤な症状には脳梗塞、心筋梗塞などが生じやすい性質があります。

体験談としては、まず処方される病院によって決まってが違います。
現に私は初めて処方してもらった産婦人科では、1万2千円払いましたが、違う産婦人科へかかると、3000円で済みました。また、個人輸入ではもっと安く購入することができます。
アフターピルの金額を確認してから処方してもらうと良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ