低用量ピルと緊急避妊ピル兼用万能薬「ロエッテ」

loette

ロエッテは経口避妊薬です。

特徴は通常の毎日服用する低用量ピルの効果と緊急避妊薬としてのモーニングアフターピルの効果、どちらの作用も併せ持つ薬という点です。
そのため通常の低用量ピルの場合飲み忘れると避妊の効果が薄れてしまいますがロエッテは緊急避妊薬の役割も持つ為、避妊の確実性が高い薬です。そういったことも含め、すべての低用量ピルの中で最も効果の高い経口避妊薬と言えます。

主な有効成分はレボノルゲストレルという黄体ホルモンの作用を持つ成分です。
これは排卵直前に卵巣からLHという黄体形成ホルモンが分泌されるときに黄体ホルモンであるレボノルゲストレルを入れることにより排卵を抑え受精を不成立にし妊娠を防止することができます。また、この成分には着床しにくくする作用があり性交渉後72時間以内に服用することで受精卵が子宮内膜に到達しても既に着床しにくい状態にしておくことができ、これにより緊急に妊娠を防止することが可能です。

ロエッテの通常の低用量ピルとしての使用方法は生理初日を服用1日目とし1日1錠を毎日同じ時間に服用します。
21日間服用したら7日間は服用休止または代替の偽薬を服用します。休止時期に生理が開始します。

緊急避妊薬としての使用方法は性交渉後72時間以内に服用し12時間後さらに服用します。

副作用は吐き気、むくみ、頭痛、腹痛、むかつきなどがありますがどれも程度や有無には個人差があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ