アフターピルで最もポピュラーな「アイピル」の効果とは?

pill

アイピルは、世界で最も使われているモーニングアフターピルです。

避妊に失敗したときに使用する緊急避妊ピルのことをいいます。

パートナーが避妊をしてくれなかったり、コンドームが破けてしまったりした場合に、アイピルを飲むことで妊娠を防ぐことができます。

効果

悩む

妊娠を防止できる確率は、性行為の後24時間以内の服用で95%以上、25時間から48時間経過後の妊娠防止率は85%、49時間から72時間以内では58%にまで減少します。

黄体ホルモンが体内でバランスをコントロールすることによって、卵巣からの排卵を停止し妊娠を防ぐ作用をします。

すでに排卵している場合は、その卵子と精子の受精を防ぐ作用が働きます。

主な成分はレボノルゲストレルで、排卵を抑えることで受精を避け、受精卵の着床を阻害する働きや、受精を阻害して妊娠を避けることができます。

飲み方

性行為後、72時間以内に水と一緒に服用します。

早く飲めばそれほど避妊率が高くなるので、気付いたらすぐに飲みましょう。

副作用

吐き気、下腹部の痛み、頭痛、倦怠感、不正子宮出血が現れる場合があります。

個人差がありますが、長く続くようでしたら医師の診断を受けてくださ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ