緊急避妊薬「アフターピル」の正しい使い方

ipill

日本で使用許可が下りているアフターピルはヤッペ法とノルレボ錠の2種類です。

ヤッペ法は、性交後72時間以内に2錠服用し、その後さらに12時間おいて再度2錠服用します。
吐き気や嘔吐などの副作用が出る恐れがあります。

ノルレボ錠は性交後72時間以内に2錠服用します。
服用するのは1回のみです。

アフターピルの正しい服用に関しての注意事項は、次の通りです。

45cffa0f29dc2844d95f153b01b5e391_s

まず前の性交で妊娠していないかを確かめてください。
次に服用時間を厳守してください。
服用量を必ず守ってください。心配だからといって多めに服用しても意味はありません。
また、他の薬と併用しないでください。

アフターピル服用中の喫煙は、心臓や循環器系への副作用がおこる可能性が高いのでひかえてください。

アフターピルを服用してから、早い人で約3日後に生理が始まります。
万一3週間経っても生理がこないようであれば、医師の診察を受けてください。これでたとえ妊娠が発覚したとしても、胎児へのアフターピルの影響はありません。

アフターピルは、避妊に失敗した時のためにある、あくまでも「緊急避妊薬」です
。妊娠を望まない場合の性交には避妊を確実に行うことをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ